yamaダイエット日記

自転車でのダイエット日記と自転車のことをなんとなく綴ってます

神宮外苑前クリテリウム マスターズ

学連の合間に行われるオッサン達のレースに参加!初出場なので全く勝手が分からなかったがダイさんがアテンドしてくれてスムーズな受付が出来た!☛1人全く用意を放棄しているプロもいましたが…  ボスの心遣い!!!

 

9時から9時半迄に受付をする必要があるので8時に自走で出発!→丁度いい時間に到着

 

そこからダイさんやモリモリ等とおしゃべりしながら過ごす。暇すぎる→次回は何か暇つぶしよ物がいるな

 

それにしても今日は絶好のレース日和で気温も15度近くまで上がりポカポカ

 

そんなこんなしているとボスたちが応援に来てくれて何気にプレッシャーを感じる😅


f:id:yama_diet:20200223141637j:image

-----------

 

本日のARCCチーム(ダイ、k-mon,ヤマ)の作戦としては、序盤はダイさんが有力どころをチェックしつつスプリント賞をとる、k-monさんは前半おとなしくしつつ後半にかけて上げていく、ヤマは最後をとる作戦で!

 

-−−−−−−−−

 

スタートしてダイさんが先頭でゆっくり引くが誰も被せてこない🙄このまま進めば良いのに

 

一周しても誰も来ないので自分がギャップを作って逃げてもらう

そしたら六本木の方がブリッジ  そのまま二人逃げ  しばらくしたらTRAILな選手がブリッジ

 

途中でイナーメの選手がブリッジに行った段階でみんな追いかけて振り出しに戻る

 

4周目180度Uターンでナルシマ小畑さんが単独で行ったのでダイさんは疲れていると思い先頭付近にいたので追走

そのままスプリントポイントへ完璧な番手で入ったが捲れず😭自分の中で迷いがあったのはあるが、正直力負けでした…改めてスプリントの練習をします

 

そこからはシドの選手をチェックしたり、六本木が上がるタイミングで合わせたり 

動きすぎた

 

そんなこんなで残り2周、間違っているかもしれないが、シドの選手、六本木遠藤選手、ヤマの順番の時、六本木のハンザワ選手が先頭付近にきて遠藤選手が引き始めた。

ここで自分がブリッジしなければいけないが、脚が無かったのもあるがペースで追いかけてしまった。ここは日頃のZwiftの教訓からドンと一気に追いつかなければいけないのに何処か脚を残したい欲が出てしまったと思う。

やはりそれが勝ち逃げとなった。

追いつけなかった段階で勝負は負けているので、ここら辺は難しい判断だかもう少し感覚を高めていきたい。

 

イヤーそれにしても後半の六本木の数の暴力は凄かったです

また一年精進してリベンジします。

 

応援に来てくれたチームメイト、ライブ映像で応援してくれたチームメイト 不甲斐ない結果でスミマセンでした。そして、ありがとうございました。もっと強くなってワクワクする試合をしていきます!

川島町クリテリウム 第2戦目 上級

埼玉ステージレース最終戦

毎度おなじみの川島町役場前の周回コースを10周(上級カテゴリー)

道中は泥、鉄板などありお世辞にも整備されたコースとは言えない(田んぼ道だからあたりまえだが…)

 

今回の作戦は、ダイさんの逆転総合優勝を狙うべく、ダイさんと自分がうまく抜け出し逃げ切りタイムを稼ぐ作戦

残ったメンバーは上手く集団を調整

 

当日はビミョーな天気でDNSも考えたが行ってみたらギリギリ持ちそうだったので出走

 

アップは、そばの道路で簡単に心拍を上げとく

あとは、マスターズカテゴリーの兄さんとシトウさんを応援!

見事兄さんがズバッとスプリントで優勝ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

良いイメージが出来ました!

 

スタートはユックリ目で入って数人がアタックするがすぐに吸収という展開

自分はコーナーは出来るだけ先頭で入る様にローテを調整し、緩んだらアタックをしてみて様子を伺う

 

5周目のバックストレートでダイさんと集団の距離が空いたのでそのまま行かせて次のコーナー終わりでブリッジをして上手く抜け出し、二人逃げ、しかし、一周半で捕まってしまう😅

 

ウ~ン🤔どうすれば…そんなこんなで最周

ダイさんが絶妙なタイミングで抜ける🚴

 

周りのチームは一瞬お見合いをしたが、コムリンさんが追いかける🙄

自分は邪魔しないように後ろにつける

ある程度縮まったので、ダイさんも諦めて踏みやめ吸収した時点で加藤選手がアタック!自分の位置取りが悪く、落車して周回遅れの選手(道の真ん中寄りを走るな!)がブラインドとなって行けない😭どうにか進路が開けた所でスプリント強度で踏んで追いつく

あとは、心拍を整えるべく姿勢を低くして最小限の力で後ろにつける

 

ホームストレートに入ってからスプリント開始して無事1位

 

3位にもボスが入って  ARCCのワンスリー


f:id:yama_diet:20200217083804j:image

 

このあとエリートのレースにもエントリーしてたが、雨が強くなったので泣く泣くDNS…お察しください

 

総合優勝したはずのシトウさんの表彰式まで時間があったのでうどん食べたり鍼打ってもらったり有意義に時間を過ごす

 

しかし、車連の段取り?が悪かったのか全く始まらない…😅用事があったので泣く泣く退散

 

シトウさん総合優勝2連覇おめでとうございました㊗

川島町クリテリウム 上級

埼玉車連主催のステージレース 第二戦目

前回は途中チェーン落ちにより単独TT練となり悲しかったので、今回はチームでレースを楽しみたいところ。

 

事前にmomozoさんよりDさんとyamaは前目で動いて、momozoさんは特定選手を確認しながらレースを進めるオーダー。シマちゃん、平ポンは命を大事にで!

 

自分としては、積極的に逃げてみつつ他チームのアタックには全て対応する心持で、あと唯一総合優勝が狙えそうなDさんが勝てるようにフォローできれば良いかな?

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

試走では路面が凍っていてかなりやばいコンディション(((;ꏿ_ꏿ;)))

社会人としては必ず無事に帰ってくることが最優先事項なのでコーナーは特に無理をしないことを心に決める。

 

事前ローラーアップはなしで、周りの道を適当に走ってアップ代わりとする。(近頃Zwiftではノーアップでレースしていることもあり対応できたかな?)

 

参加人数も少ないので後ろの方に並んで定刻より数分遅れてスタート

最初は後ろ目にいたが中切れをする方がチラホラいたので長い直線で踏んで先頭にでる。

2周目に集団が緩んだので単独で抜け出してみて誰かブリッジしてくれないかなーと思い中途半端な位置で泳いでみたが誰も来てくれなかったので単独で逃げてみる。調子は悪くなさそうなので、このまま逃げてみようかな?と思っていたが途中凍っているコーナーで派手に滑り心が折れて集団へ(レース前の誓いを忘れかけていた アブナイアブナイ・・・)

 

4周目ぐらいでDさんとコムリンの選手が逃げたので、ちょっと差を広げるべくゆっくり先頭を引っ張る。そのあとは邪魔しない程度に先頭交代を行いブリッジの動きが出たら常にチェックを行い 最大で40秒程度の差ができこのまま逃げ切ってくれるかと思ったが、そうは問屋が卸さず ワイズチームと紺オレンジジャージの方が強力にけん引して、振出しに戻る。¯\(°_o)/¯

 

最終回前にホームストレートでアタックがかかり誰も追わずそのまま逃げそうだったので、Dさんと話して自分がスプリント強度でブリッジして無事とらえ緩んで集団が追ってきて最後はスプリント勝負

こうなったらARCCとしては願ったりの展開で、残っているどのカードを切っても勝利ができるハズ。

まず自分は先頭でゆっくりけん引したところに、コムリンの選手がかなり良いアタックで抜け出しを図るがmomozoさんが番手につき対応。集団は見送る雰囲気だったのでDさんがブリッジ。自分はそのまま集団にステー(脚がなかっただけですが・・・)で勝負を見送り

無事 momozoさん優勝しDさん3位 おめでとうございます!!!

 

チームで動くことができて非常に楽しいレースでした。参加された皆様お疲れ様でした。3戦目もよろしくお願いいたします。

幸手クリテリウム 上級

毎年恒例、埼玉車連が主催するステージレース第一戦幸手クリテリウムに参戦

 

悲惨な結果だった沖縄から練習量は落ちることなく維持出来ており、まぁまぁの調子かな?

土曜日の雨の中のサガン練でチョット風邪をひいたみたいだが、短いのでどうにかなるだろう🤔

 

コースは、一周約2km×10周 20kmと短く、毎周回ポイントを獲得し総合ポイントで競うポイントレース

 

ARCCからは、ダイ魔神と平ポン、ヤマが上級(ボスは仕事でシマちゃんは?)シトウさん、兄さんは50代にエントリー

 

上級で走る3人は事前に、ヤマ奇数、ダイ偶数で1位を取りに行くチームOrderを決める。平ポンは、各場面でのアシストと完走を目標に!

 

1周目

スタートはマスドスタートで一気にスピードが上がる。最初から かねこレーシングの方が逃げていたのでバックストレートでブリッジしつつ速度差をつけて単独で逃げる、難なく1位通過

 

2周目

そこから残り800mまで単独で逃げたところでダイさんがブリッジ   残り400mで交代してダイさん先頭通過か…と思っていたら後ろから加藤選手が凄い勢いで迫ってくる   見てなかった😩

ヤマ3位通過、ダイさん1位かな?

 

3周目

少人数の逃げを作るが今度は逃してくれない

番手を調整してスプリント  無事1位通過

 

4周目

序盤コムリンの方がが逃げていたが慌てず徐々につめて残り1kmで吸収

ダイ→ヤマの順番になったのでコーナーで少しギャプを作りダイさんを逃して1位確定させてから2位争いのスプリント

万全のタイミングで仕掛けた瞬間

ガチャガチャ〜

やっちまった  チェーン落ち

幸い後ろの方に迷惑かける事なかったが、復旧を試みるが直らず

1度降りてからチェーンをはめ直しスタートするが又落ちてしまう。

しょうがないので落ち着いて再度はめてからクランクを回してハマったこと確認してスタート

ここまでで約40秒ぐらいのロスかな?

しかし、悪いことはここで終わらず、今度はリアディレイラーが動かない😭

どうもガチャガチャした際に衝撃が加わったみたいで、安全装置が働いたみたい😅流石だなシマノ   解除方法もわからないまま

リアがロー固定でフロントの2枚となってしまった。

 

焦っても仕方ないので淡々とITTで足切りにならない様に最大出力で残り6周を消化する    キツかった〜

 

どうも今回ポイント形式だったみたいで結果3位に入っていたみたい  でも総合争いはゴールタイムの積算の様で流石に逆転は出来ないかな。

 

今年最後のレース位はスカッと勝ちたかったが、練習レースだったから良しとしよう。

でも、来年に向けて整備は怠らず再確認が必要だな…

ツールド沖縄 100km オープン

何を書いて良いのか分からなかったので書いては消しての繰り返しで途中から書くのを止めていたが戒めの為にも簡単に記しておく

 

ハー

 

今年もやってきましたオキナワ

50kmにエントリーしようかと思ったが何を血迷ったのか100kmにエントリー😏

 

恥ずかしいかな何処か心の片隅では自信があった と思う…

 

 

いつも通り土曜日早朝便で沖縄入り

レンタカーを借りて名護11時着  そこから車で普久川から100kmコースをトレース

うん、登りと下りしかないのね😭

このコースは自分向きでないことを悟る

 

会場で受付をしてからホテルへチェックイン

自転車の整備をしてから羽地の登りだけ試走をしてみる

斜度はあるが耐えられない距離でもなさそう🤔

ここで気になったのは、BBからの異音

この前まで鳴らなかったのに…

 

ホテルへ帰ってからクランク外して入れてみるが直らず取り敢えず夜飯を買いにスーパーへ

丁度100円ショップがあったので潤滑油を買ってみる

 

帰ってからBB周りに潤滑油を垂らしてみる

直ってくれー  (これが奇跡的に治りました  サンキュー100均)

 

レース当日はシマチャン、平ポンと移動バスの会場までレンタカーで移動

バスで揺られてレース会場着

そこからエローディーのお仲間さんやら知り合いさんたちと談笑

50kmの結果などみながらリラックスして過ごす

 

そんなこんなでレーススタート  何故かシード番号のため並ばずにすんなり前に

 

始めは奥の登り

まあ、速いが千切れる事はない

下りはナベプロが一人で飛ばす

重量級な自分も何故か抜け出しているがナベプロには追いつかず ドンだけ飛ばすんだよ😵

 

そこからは20km地点まで平坦  途中のトンネルでは前目の端に位置して、いつでも落車回避出来るよう注意を払う

普久川ダム登り口までに先頭付近に上がって登りに備える

 

ダム登りは序盤は緩斜面なので何とかイーブンペースでクリア   道中は白石選手を見ながら着いていくのみ

途中クライマー?な方たちが抜け出したが有力どころは追っかけてなかったのでステー…ってか、これ以上は上げれなかった 。まぁアップダウンに入れば数が多いから追いつくだろう

残り1キロ?12分地点 カラータイマーがなり始める 

あと少し持ってくれ…

ここで白石選手アタック〜

自分も反応するが、

 

ボッキーー…

 

  ここで心が見るも無残に折れてしまった

(近くにいた今西くんも聞こえたとか😭)

 

ここからは後ろから知り合いが追いついてくるが全くJOINできることも無く一人で悲しく距離を消化してゴール

 

ゴールしてからは虚無感でボーーーと反省

・ターゲット時間の登り不足

登りに対する練習不足 そもそも15分程度の登りを今年1度も登らなかった&パワーで乗り切れると思っていた

・下りのスキルアップ

下りが信じられないぐらい下手   分かっていたが今回再認識

・暑さ対策

暑すぎてボトル7本も消費していた。普段100km程度なら大2本ぐらいなのに?

 

まあ、反省してまた1から徐々に強くなって行こう!

 

来年の楽しみが増えたから良しとするか

ここ最近

いやー  全然更新が滞ってもう止めようかなって思いましたが、過去の自分を振り返るためにも取り敢えずメモ

 

9/22  秋のシモフサクリテリウム

昨年同様TTとエンデューロにダブルエントリー

結果から言うと昨年と同じ結果😭

 

TTは、かなり気合を入れてTTバイク、DISCホイールを装備していたが、チェーン落ちで10位かな?…

フル装備の人は殆どいないのにこの結果はかなり恥ずかしかった

チェーン落ちは茂庭っ子から整備不足をほったらかしていた自分のせい   言い訳が出来ない

エンデューロは、序盤からマトと大学生がいいペースにしてくれて一時間終了時で約8人?位に

自分は如何せんこのコース暇なので早く終わらないかなー何て考えていたら   パンク😅

お望み通り 早く終わりましたとさ

 

 

9/27 前橋クリテ&赤城ヒルクライム

昨年優勝しており相性の良いレース

今年は初参加のmomozoさんも含むARCC4人でエントリーしており是が非でも誰かは取りたいところ

序盤はチームで固まり無難に展開

最終局面momozoさんが先頭に出て集団を牽引

このコース残り500mからは先頭付近にいないと上がれないので流石だなーなんて後ろから感心している←お前も上がれ

最終コーナイン側から抜けるが外を回っていたmomozoさん(あとから違うことが判明)がペダルヒットしてみんなイン側に寄ってきて塞がれる😭

交わしてスプリントを始めるも遅れて6位前後

かろうじてスプリント賞は取っていたが誰も着に絡めなかったので猛反省

f:id:yama_diet:20191006233541j:image

後から確認したら先頭は重田兄さんだったみたい

兄さんも自分とmomozoさんのアシストするために上がったとのこと、全然展開が読めていなかった(TT)

 

勝てなかったから赤城ヒルクライムDNS    デブなもので🐽

 

 

10/6 jcrcエンデューロ

初のjcrc&群馬csc

朝は七時半がスタートな為四時出発  眠い=_=

ついてから一周だけ試走  え?コーナ難しくない?←メンバーはそんなことない  

 

そんなこんなで2時間スタート

最初からDai魔神は逃げている。自分は生暖かい目で見守る   周りも追わないので2周位逃げる

3周目の心臓破りの坂で バシュ〰

誰かが派手にパンク  可愛そーだなーなんて思ってたらDai魔神   チームメイトかい!そこからシマちゃんも居なくなりチーム1人になる

で、自分はというと

案の定下りコーナーは下手すぎて1人インターバル

下り遅れて登りで取り返すの繰り返し  シンドイ

 

途中一人逃げをしているmomozoさんを発見して応援

しかし、どうやら同じカテゴリーの数名を連れてきたみたい   やっばっ(゜o゜;  違うカテゴリーは乗っちゃ駄目だよ〜〜〜

 

何だかんだで残り30分から活性化してアタックがかかる丁度心臓破りの坂で前で勢いの良いアタックがかかり着いていって終わったと思ったらカウンタ〜╮(╯_╰)╭

心臓破れました(༎ຶ ෴ ༎ຶ)

 

集団から千切れて淡々とTTで終了

f:id:yama_diet:20191006233531j:image

 

沖縄に向けては良い練習になったが下りはどうにかせねば…

 

 

 

秩父宮杯 上級

毎年参加の秩父宮杯  今回は思うところがあり登りが一回多い上級で参加

 

話は変わるが今年のオキナワは、100kmにエントリーしており要所要所で登りがある

秩父宮上級にエントリーした目的はパワーと体重をそのままで登り区間を押し切ることが出来るのかを試したかった  距離は違うが…(だってダイエットしたくないから…😏)

練習の長柄のネズミ坂は、ソコソコのペースで登れていたが  結果レース強度では全くだめだった

 

今回これが分かったことが収穫かな?さぁダイエットしなければ😭

 

 

 

簡単にレースレポートを

当日は朝6時前位に出発して七時半には到着

ミューズパークで受付をしてから上級参加のmomozoさん、しまちゃん、ヒラポンに挨拶をしてスタート地点の秩父駅横の有料駐車場に駐車場(今日みたいな暑い日や雨の日などはスタートまでゆっくり出来るのでかなりオススメ!)

 

約40分の開会式←長ーーい

がありパレードスタート   この区間早いと聞いていたが余り上がらず助かった(◔‿◔)

途中車が横から出てきて選手が牽かれており恐怖を覚える

 

 

勝負どころの登り前からリアルスタート

 

1本目登り

うん!まぁまぁのペース  2、3人飛び出しているがイノウエレーシングの方がペースを作っており中々早い(༎ຶ ෴ ༎ຶ)

下りは遅いはずが、ホイールをbora wtoに変えてから意外に下れる  数人パスをして先頭付近で登り返しへ   そこで何故か抜け出して泳いで単独でゴール地点へ    目立ってから無事吸収される

 

平地区間はなんの展開もなく

 

 

2本目登り

ペースが上がり若干キツイ

根性で登り下りへ

途中の左カーブで並列で降っていた選手がイン側に斜行して後ろの人がガチャガチャ

何回聞いても嫌な音ತ_ತ 南無ー

 

横を見たらこっちに向かってくる

オーイこっち来るなー

何とか交わせて事なきを得る

 

俺ナイス!

 

少し遅れるが何故か下りで調子いいので登り返しでは追付く  ホッ

 

3本目登り

この辺りから足が悲鳴をあげる

ちゃんとダイエットしとけば ..俺のバカ

何度諦めようかと思ったか༎ຶ‿༎ຶ  

 

何とか登るがもう瀕死の状態

後は最後の登りまでにどれだけ回復出来るかにかかっている

 

しかし、最終周回の為ポジション争いが激しい

クソがー

 

 

そんなこんなで4本目の登り

1番強そうなイノウエレーシングの方の番手で登り始める

中間地点まではスキル根性でどうにかついていけたが、平地区間で心が折れてしまいついていけなかった(╥﹏╥) 

 

そこからは流してゴールまで

 

レース参加された皆様お疲れ様でしたー

 

冒頭にも書いたが登りが弱すぎるから先ずはダイエットします!

袖ヶ浦サマーサイクルロード マラソン部門

宮古島が終わってボチボチやってます…はい

近頃は雨も多くzwiftに乗ってばかりಠ﹏ಠ

でも同じ時間のzwift参加メンバーがダイさんやk-monさんどちらか必ず?いるのでモチベーションは下がらず(。•̀ᴗ-)✧

 

今度はエローディーが山登ってるところを襲撃しとくかな(◔‿◔)

 

さて今回も参加してきましたサマーサイクル マラソン部門

 

何気に2連覇しており相性の良いレース

今回は謎の初レースのくせにやる気を見せた嫁(マラソン女子)とこちらも謎の自信がある三男(アンダー12)も出場

 

当日自宅付近は雨は降っておらず良し行けると思い出発したが、会場が近くなるについて雨足が強くなる( ・ั﹏・ั)

 

取り敢えず試走を行い、小雨になってきたので嫁に相談した所

エントリーフィーが勿体ないので出走することに

 

まあ、無理なら棄権するようにとだけ告げておく

 

スタートは、嫁と並んでスタート

お知り合いにご挨拶した所、2時間に追いつくみたいなので頭に入れておく

 

一周半はローリングスタートで、ゴール地点でリアルスタート

 

まぁまぁのスピードで進むが如何せんウェットコンディションなのであまり無理は出来ない  2時間には追いつかないかな?

 

そんなこんなで3周目下りから登り返しのところで落車しており、声出して安全に避ける

そんな中、誰か同じカテゴリーの方が2時間を追ってる!

逃したらマズイので頑張って追いついたら踏みやめてる༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽

後ろも追ってくるだろうと思い、無駄足になるので2時間を追ってみる…………うん?結構離れてる

 

一周かけてようやく2時間の尻尾を捕まえる

なかなか疲れたので後ろで休ませてもらうが如何せん後ろはエンデューロ特有のガチャガチャしており落ち着かない

休んだのでホームストレートを利用して前にジャンプアップ    マトもいて走りやすい

下りコーナーや180コーナーはシッカリ減速してかなり安全に配慮したコントロールで助かった。

 

途中何故か、佐野選手〜狩野選手〜ホセ選手が上げっていって佐野選手の時点でブチブチ切れていたのにホセ選手が上りでも上げる

ホセさん後ろいないよーって言っても構わず上げる(─.─||)

二人になってこのまま逃げてくれるのかなーって思ってたら!肘くい(´;︵;`)

交代したら踏みやめてる( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )

そのまま1人泳がされて無駄なアタック   クソが💢

 

そういえば同じカテゴリーの人がいないなー?

もしや自分1人かな?って思ってたら

1人いて話してみるとその方もブリッジしてきたとのこと。

自分の後からのブリッジなので相当力があるはず

 

そんなことを考えていたら最終周回の鐘がなる

実はGARMINが新しくなってオートLAPが取れておらず何周なのかわからなったので助かった。事前準備大事!

 

今回も早がけしてみるかーっと

ホームストレート終わりぐらいからアタック

下りは慎重に降って後ろを確認したら多分いないみたいなので勝利を確信

 

ゴールは安全に片手だけ挙げて無事ゴール

 

終わって見たら最終周回最速で回れたみたい。まあ集団で楽させてもらったから力が余っていたのかな?


f:id:yama_diet:20190717191808j:image

 

ゴールしたら嫁を探す、いないみたいなので棄権したと思い、一度車に戻るがいるのは三男

コースを確認するとまだ走ってる(⊙_◎)

頑張ってる   一度ゴールしたけど嫁を励ますべくコースに入らせていただき邪魔にならない様に嫁に並走して声を掛けながら無事ゴール!

何と入賞もしてたみたい 

ダイエットの為3本ローラーを定期的にやってたからもしやとは思ったが…ちょっとびっくり(@_@;)

 

三男くんは当然の結果  練習しましょう


f:id:yama_diet:20190717191820j:image

まあ、家族無事に怪我なくレースを終えて何よりでした。参加した皆さんお疲れ様でしたー

 

ツールド宮古島74km 優勝

今回の宮古は、まあ何というか…

 

 

前日のトラブルでGarmin無しで戦う事になりちょっと不安だが何とかなるか?

あと、ブラックサンダーは前日に食べてちゃんと消化完了。

→ちゃんと学習してますよ〜


f:id:yama_diet:20190527131742j:image

今年は前年度優勝の為シードゼッケンで出場


f:id:yama_diet:20190527114023j:image

これにより当日並ばなくても良い→ここ大事

 

momozoさんも同じくシードゼッケンなので2人揃ってコールされ先頭へ

 

開始2キロは、ローリングスタートの為ARCCで並びアピールしてみる

 

リアルスタート後は、決まったメンツ20人位でローテーション

途中2人逃げが出来たが、一定ペースで追いながら無事吸収

 

実は前日戸田さんだけに、自分が何処から逃げるかを言っていた。

1.20km付近の向かい風に変わる部分

2.50km付近の追い風に変わる部分

の2箇所を想定

戸田さんも「野獣の好きなように走れば〜」って言ってくれたので好きに走らせてもらった。

 

丁度20km地点の下り部分で単独で抜け出したので取り敢えず逃げて追走待ってみる

しかし、2分位しても追走が来ない(ToT)

しかも向かい風超絶辛い GARMIN無くて良かった•̀.̫•́✧見てたら萎えてたかも…

戻ろうかなーって思っていたら2人、3人と来てくれて無事に6人パックの完成

そこからは積極的に声をかけて一定スピードでローテーションを回していく、逃げの皆さん全員協力的でかつ紳士で誰一人サボる事なく進む

特に宮古工業高校の学生さんは、地元の為コースプロフィールを解説してくれて非常に助かった!  Thank you!

 

約40km地点で後とのタイム差が気になり先導車に確認したところ1分差

残り30kmなので少し心許ないが、皆には良いペースなので頑張ろうと発破をかけて速度が落ちないように、自分が先頭になったらちょっと長めに引いてペースを維持

 

ここで桂林の選手が後集団に下って5人パックとなるが、皆さん逃げ切りにむけて全力でゴールを目指す

 

残り20kmで2分差となり逃げ切りを確定

後は牽制しないように様にペースを維持するだけ。

今回の逃げメンバーで多分?スプリントは自分が一番強いはずなので最後まで逃げ切れれば勝率はかなり高いのでこのまま小集団スプリントにしたい。

まあ、ペースが落ちたら単独逃げに移行しても良いし!

 

ペースも落ちる事なく最終局面へ

前日練習をしたファミマ坂へ3番目で降る

中々のスピードで突っ込みカーブの所で対向車が!?

えーーーーーーーーー

1番で降った選手は避け切れず車に接触

2番目人は間一髪避けて

自分は前日、戸田さんの良いシミレーションのおかげで冷静にブレーキをかけてイン側で回避

 

そのまま4人?で抜け出す

自分は動揺してしまい、早くスタッフに伝えなければと思いそこから何故か早がけ風なスプリント?になり独走でゴール

今回ガッツポーズもなく、ゴール後スタッフに事故った事を伝える

 

余りにも後味の悪い優勝となった…

 

まあ、やってきたことに対しては間違って無かったと思うのでこれはこれで良しとするか?

他の皆さんも無事にゴール

momozoさんは、ARCCトレインからシッカリ集団トップでゴール

戸田さんも年代別3位とアシストしながら大健闘

重田兄さんもシッカリ アシストしたみたい(下りコーナーはもう少し練習したほうが良いかと(¯―¯٥))

ヒラポンは、落車に巻き込まれたが大きな怪我もなく完走

ARCCは前日のトラブルで厄払いは出来てたみたいで何より

f:id:yama_diet:20190527141551j:image

 

今回逃げグループ、集団グループ共に大事故があり一歩間違えれば自分たちが当事者となっていたかもしれない。

競技をしている以上リスクがあるのはしょうがないが、リスクを下げる事を心がけていきたい

 

 

今回亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族には、お悔やみ申し上げます。

また、怪我をされた方は、一日でも早いご回復を心からお祈りいたします。

 

 

最後にツールド宮古島を開催して頂いている主催者へ

大変素晴らしい大会を運営して頂いてありがとうございます。開催するまでに大変な労力を使い準備されていると思います。

しかし、今回の事故を受けて、今後大会運営について今一度考え直してもらい素晴らしい大会にして頂きたいと願っております。

※特にコース上への車の乗り入れ横断や、ゴール付近の駐車について

それ以上に参加者も交通規制されていない反対車線へ乗り入れるなどマナー向上は必要ですが…

 

非常に魅力的な大会な、だけに

ツールド宮古島 前日

前回の優勝から早いもので一年がたち、今年前半戦のメインと位置づけてトレーニングをしてきた。

 

前哨戦のツールドひたちなかも無事優勝できて、調整はバッチリと思ってたら、急遽レースの週にほぼ一週間出張とか(T_T)嫌がらせ…

まあ、リフレッシュ出来たから良かったかな?

 

今回は、チームとして勝つオーダーで最後のスプリントは、自分がゴールを取るオーダー

実はこれが結構なプレッシャーで

最後捲くられたらどうしよう

チームトレインに乗れなかったらどうしよう  

 

など考えて、2週間ぐらい眠れなかった( ゚д゚)

小心者なので…………

 

 

 

 

前日

早朝の便で宮古島入り

10時にはホテルに到着して、自転車を組み立てて調整していると、momozoさんがブレーキが…って言っている  確認するとワイヤーが切れたとのことΣ(゚Д゚)

自分が予備のワイヤーを持っていたので問題なく対応!調整は、会場のメカニックに行ってもらいバッチリ!


f:id:yama_diet:20190527141135j:image

 

戸田さんも到着したとのことで皆で昼飯に

今回は適当に調べた宮古食堂に、ここのメニューは、ソーキソバ、カツ丼のみとシンプル

カーボローディングの為、カツ丼とソバをオーダー 2つ頼んでも700円とリーズナブル

運ばれてきたら激しく後悔  カツ丼日本昔ばなし盛だった_| ̄|○  お察し…

 

腹ごしらえも終えたので当日の試走へ

ここではラストのファミマ坂近辺を重点的に確認

ライン確認した事で後々救われることに

 

自分はそこから一度行きたかった伊良部大橋へ

サイコー


f:id:yama_diet:20190527112953j:image

 

ホテルへ帰宅後GARMINを充電しようとしたら全く充電されない(ToT) ケーブルが壊れているのかと思い新品を買ってきて試すがダメ

クソがーー  2日前まで充電出来ていたのに…

 

そんなこんなで夜が更けていった

 

眠い(¯―¯٥)

ツールドひたちなか 100km

宮古島まであと二週間

レース間隔が空いたので感覚を戻すためにエントリー

 

ろくに当日のスケジュールを確認してなかったので前日に確認して激しく後悔(´д⊂)‥ハゥ

レーススタート 7時  

受付終了6時30分

・・・・・・ 終わった…

もう少し遅い時間でお願いします

 

 

当日は、4時出発

途中パーキングでトイレ休憩

6時丁度に会場着

 

うん!寒いし 風も強い  激しく後悔2

 

 

受付して準備してたら試走の時間

ゆっくり2周回ってたら既に並んでる

まあ、100kmもあるしゆっくり上がればいいかな?

 

今回 100kmと50kmの混走だったが100はマスドスタート 50はローリングスタート

その為50の選手は一度も追いつくことなく快適にレースができた NICE

 

今回の作戦としては、80kmまでは自分からは仕掛けず強そうな方が行ったら合流して逃げに乗り遅れない事を意識してレースを進める心持ち

後はどれだけで自分の手綱をシッカリ引けるかを確認(・ัω・ั)野獣なもので…本能のままに動かないように

 

最後は周りの雰囲気を感じて勝負手を考えていく予定で

 

前半は内房、プラスワン、六本木、チャンピョンシステムジャージ、コムリン、APEXの選手達が積極的に動いて展開を作ろうとしている 他にもいたと思いますが失念


f:id:yama_diet:20190514084601j:image

 

2人位で逃げになった際に、少し泳がせてからブリッジをかけて、逃げが成立したらラッキー位に考えて淡々と周回をこなす

まあ、案の定決まらない(-_-;)

 

それにしてもこのコースは自分向きなのか?下りで他の方との速度差がつくみたい  デブ−3−なのもあるが…

速度差があるから下りコーナーは前走者に突っ込みそうになること数回  うち一回はマジでヤバく後ろの方に迷惑をかけてしまった

レース中も謝罪したが、この場を借りて謝らせていただきます。

 

 

そんなこんなで残り40km、丁度後に行ったタイミングで逃げ二人ができていたが、内房の選手が集団をまとめて泳がせる事に、そこからは決まったメンツで回して無事残り20kmで吸収

 

さてここからどうするか?取り敢えず数回アタックしてみて少集団にしようと試みるが中々そうはさせてくれない

 

いよいよ集団スプリントが濃厚となってきて、自分の中で三択となる

 

1.下りホームストレートで純粋にスプリント勝負

ホームストレートは向かい風だが下りのためデブ効果が発揮されて位置取りさえミスしなければ多分負けないかな?

 

2.最後の直角コーナーから早掛け

一番得意な時間の領域なので自信はあるが、後に張り付かれたらどうかな?

 

3.どこかで仕掛けて一周逃げ切り

先頭で集団を引いている際の出力が350W程度で一周7分10~30秒なので十分維持できる領域なはず?

 

迷っていたが残り2周の段階では、スプリント勝負で決定

 

しかし、いつもの様に最終周回になるとどこいたの?って方が大勢 多分この時点で40人位はいたかな?想像より多いな(¯―¯٥)

そうなると集団がガチャガチャになり速度は上がらない

 

集団が多すぎると スプリント位置取り 落車リスクがあるため、集団速度も上がらないと踏んで一番勝てる方法に予定変更

(誰かが集団を牽引してきたら自分の日ではなかったと割り切って(・ัω・ั))

逃げ切りで‼

 

そうとなれば何処で仕掛けるだが、如何せん仕掛けどころがない…困った 誰か逃げてくれればそれを利用して吸収したついでに逃げるのに

 

何て思ってたら 一人の選手がホームストレート下りで逃げている  ヨシ

自分も先頭でちょっと速度を緩めて逃がす

そして

下りからの登り返しで全力アタック!

早々に吸収 一人後に張り付かれたが、上手く切り離しに成功

後は後続と出来るだけ距離を開けるべくTTポジションで淡々と400Wで巡航

 

180Uターン時点では4秒程度稼いでいる

残りは少しの向かい風で後は追い風のはず

 

 

アンダーパスを登りきった段階で逃げ切りを確信

後は安全にゴールに向い、ゴール時のポーズを決めるだけ

 

無事ゴール


f:id:yama_diet:20190514084635j:image

 

何か年代別も表彰してくれるみたいで、2枚頂いちゃいました(๑•̀ㅂ•́)و✧


f:id:yama_diet:20190514084737j:image

 

ゴール後は皆さんと健闘を称え合い、200kmに出場するM榮さんとおしゃべり 写真とムービーありがとうございました

 

さあこれで前哨戦を無事優勝できて、

残すは前半戦のメイン 宮古島  頑張りまーす

 

レース参加の皆様ありがとうございました

m(_ _)m

茂庭っこタイムトライアル 個人、チーム

まちに待ったGW!

前半戦は毎年恒例福島県の茂庭っこタイムトライアルへ参戦

去年は家族が着いてきてくれて、yama家黒歴史にエントリーしたグランピング?したけど今回は誰も着いてきてくれない(T_T)

その代わりチームメンバーと福島県で一泊

→レース以上に楽しみ(≧∇≦)b

 

 

 

朝4時半出発

ヒラポン宅は近いので20分で近くに到着

しかし、ここからがこの旅一番のメインイベントとなった、狭小路地のクランク

 

前日ヒラポンの家までをグーグルマップで確認したら明らかに狭い( ・ั﹏・ั)

嫁からも新車ぶつけたらコロスΣ(゚Д゚)

 

yama:これはセレナで入れるのかな?

ヒラポン:入れますよ

yama:ではローラーもあるので家まで行きます→激しく後悔(´д⊂)‥ハゥ

 

 

いや!あれはセレナは入れません(実際にはスレスレでは入れましたけど…)

 

ギリギリを攻めて曲がろうとすると、衝突警告アラームが鳴りまくり!しまいには勝手にブレーキもかかって  何度行くのを止めようかと思ったか(;一_一)

ヒラポンにヘルプの電話して何とかたどり着く

ふー(TT)  次からは家の前までは行けないので…

 

無事?ヒラポン、momozoさんをピックアップしていざ福島へ•̀.̫•́✧

渋滞もありながら9時半位に到着

 

試走をして軽くアップしていざスタート


f:id:yama_diet:20190430104835j:image

そういえば今回からディスクホイールを導入

momozoさんも評価が高い

citec8000  軽くてクリンチャーだから扱いやすいしGOOD(^o^)

これを履いてから一度速度を乗せてから維持するのがかなり楽になりました! 恐るべきディスクホイール

 

そんなこともあり、今回なんの自信か分からないが14分台も行けるのではないか?って思ってた

 

スタートは30秒間隔でスタート前には、同じカテゴリーの選手が3人

 

このコースはスタートして50m位してから測定を開始するのでゆっくりクリートキャッチして速度を乗せてスタート

 

往路は向かい風の為40km/hを目標に維持

1/3位で一人キャッチ

折返し手前でもう一人をキャッチ

折り返し後自分の後ろスタート選手とは大分タイム差がある事を確認  ヨシ 

あとは追い風なので50km/hでひたすら我慢

復路1/2で最後の一人もキャッチ

これでカテゴリー優勝は確定 ここで気を緩めてしまったのがいけなかった

 

タイムも狙うのであればここら辺は最後まで追い込めるようにならないと_| ̄|○

 

まあ、タイムは15分2秒だったので上出来かな?


f:id:yama_diet:20190430110037j:image


f:id:yama_diet:20190430110132j:image

 

そこから1時間半後にチームタイムトライアル

作戦は皆命を大事にだったので自分が長く牽く事を意識しながらイーブンペースで、折り返しも無難にクリアしてちょっと行ったところの段差でチェーンがガチャガチャ

外側に落ちてしまった…(オーシン 真円に替えようかな)

乗車しながら引っ掛けてみるが直らない

下車して普及してから追いかけるが追いつかず終了。・゚・(ノД`)・゚・。

 

皆さんごめんなさいm(_ _;)m

 

まあ無事一位だったから良かった  取り敢えず2連覇!


f:id:yama_diet:20190430111140j:image


f:id:yama_diet:20190430111703j:image

 

これでタイムトライアルは終了?ディスクホイールせっかく買ったのに(TдT)

 

 

とりでクリテリウム エリート

2週連続エントリー(ーー;)

今回はメンツも濃く  厳しい戦いになるだろうな〜  コースもコーナが多く苦手…

 

ARCCからは4名のエントリー

それにしても学生が多い…仕事があるおっさんは安全運転

 

スタートしたら結構な強度で進む

2周は着いていったが、コーナーの度にギャプが生じてそれを埋める→足が削られる  

離されないそうに前々で展開してたが、疲れて後ろに下がったらそのまま切れてしまった…弱い

そこからはmomozoさんと淡々と回して完走を目指すが残り6周?で足切り(´д⊂)‥ハゥ

 

はじめての足切り…結構凹んだ

 

チームからはナオさんが完走  レースにかける意気込みが違った!流石です

 

 

この2戦かなり内容の悪い走りだったから、新年度が始まる4月からは心を入れ替えて、苦手なトレーニングを取りいれつつ勝ちを意識した走りを心がけて練習に励みます(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

大磯クリテリウム 第五戦  エキスパート

ボチボチ やってます  ハイ…

年末から一時中断していたZWIFTに再度ハマり暇があればレースに参加

毎日レースが出来るのはいいね!!

気づけば、CTLが110まであがってしまい、FTPも向上🤫

でもそれほど強くなっていない様な???

 

そんなんで現状を見るためにレースへエントリー

 

中々良いレースが見つからず、自分には嫌な思い出しかない(だって、エントリーしたらもれなく 開催中止でエントリーフィーだけ取られるという それも自分がエントリーした2戦全部 (¯―¯٥)) 

大磯クリテへエントリー とりあえずエキスパートで٩(๑`^´๑)۶

 

当日絶好の自転車日和で今年の俺は違うぜ!!

しかし、会場には知り合いもいないし、さみしいから嫁氏に同行を依頼 子供も誘ったが誰一人釣れず … 成長したなー(TT)

かなりしぶしぶ着いてきてもらった 

スマン_| ̄|○

 

 

とりあえず開始2時間前に着くように出発 

ちょっと渋滞があったが12時には到着。受付を行って出店で嫁氏の昼食を調達して機嫌を取る

そんなことをしていたら13:00 車検、サインを考えたら時間がない 軽くローラーでアップしていざ 出陣


f:id:yama_diet:20190325190624j:image

今回は、積極的にレースをして(動かして)最後にシッカリスプリントが出来るのかを確かめるべくスタート (埼玉 クリテシリーズは最後のスプリントでしっかり力がだせなかったので)

 

序盤、先頭付近で回してこれいった動きもなく淡々と何度か仕掛けるが誰も釣れず

 

途中DKYの方が一人逃げ ブリッジしようと思ったが強そうな方だったので力を使ってもらうべくStay

 

捕まえたタイミングでカウンター 抜け出すが捕まる  うーーーん 弱い


f:id:yama_diet:20190325190656j:image

その後も数回抜け出すも上手く行かない。途中いい感じで2人逃げが出来そうだったが、惜しい

 

最終周でも先頭付近をキープして番手を下げない様に

途中またDKYの方が仕掛ける  これには反応すべきだった

 

数メートルギャップのまま最終コーナーを4番手で回る。

位置的にはかなりいい番手 いつもなら前のりで速度を乗せていくが今一伸びない。

そんなこんなしていたら左右から捲られてもがくことなく終了

 

DKYの方の絶妙なタイミングのアタックと今回勝った方の最後のスプリントは強かった。見習わなくては!!

 

自分は、レース自体は楽しめたが最後がダメダメでまったく出しきれなかった

最後のスプリントのやり方を忘れてしまったのか?それとも筋トレをやめたから最大出力が落ちてダメだったかな?

とりあえず筋トレを再開してみるかな・・・

 

前半ターゲットレース宮古まで出来ることをコツコツとやっていくしかない

川島町役場前クリテリウム 上級 〜 総合優勝 ~

埼玉クリテリウムシリーズ最終戦 川島町役場前クリテリウムに参加

今回もARCCからは5人の大所帯

 

昨年末の第一戦幸手クリテから今回までの3戦トータルの着順❓総計時間?ポイント?

→要望①この辺りレギュレーションに載ってなかったので次回は記載しくださいね➰出来れば2戦終了時点での総合順位があればベターですね

 

上記どれかで総合優勝が決まるはず。前2戦は1位と2位で今回は先頭集団ゴールならタイムでもポイントでも総合1位は確実だな(^^)v  っ思ってたので、楽しむことを目標にレースに挑む… 後から後悔することに(T_T)

 

7時半ぐらいに到着し皆さんと雑談〜試走  

いつも通り埼玉の暴風が…特に横風区間は後ろも前もしんどそう(ーー;)   

今回も前々で展開しようとチーム員で確認

受付を行い アップを行い5分前に集合場所へ

 

スタートしてからはチームで固まって先頭付近でローテ  途中重田兄さんがmomozoさんに『あがれー あがれー』って言われていた 位置取りー

ゆっくりのペースで一周め終了 (゜o゜;

ウ~ンタイクツ  横風区間で いっきまーーす

アタック!  誰か来るかな?って思ったが誰も来ないのでFTPで淡々と  まあ、後ろでチームメンバーは楽できるだろうし、行ける所まで行きますか( ´Д`)=3

2周目終わっても、捕まえてくれない(# ゚Д゚

確実に泳がされてるなー

3周目ホームストレートに単独で入っていたら、『野獣頑張れー』って聞き覚えのある声が

振り向いてみると 戸田さん(?_?)

もう降りてる…うらやm

 

5周目でやっと捕まえてくれて振り出しに

集団はすでに10人ぐらいになって牽制状態

前でローテする人も5人ぐらいで全くレースに絡んで来ない…………

途中TTerのK選手が逃げていったが誰も追わず

つくばの選手と淡々と詰めていき吸収

 

9周目でダイサンがアタック

誰も追わないので、ある程度距離を開けてブリッジ!上手く抜けたかと思ったが、捕まっちゃった

上手く行かない(ーー;)

 

そんなこんなでもう最終周回

展開も無いようなので集団ゴールに向けて安全に前めでローテをこなし、コーナーも安全に!!

そんなとき、ラス2のコーナーでダイサンが2or3番手で曲った際  フワーー (゜゜)(゜゜)(゜゜)完璧にタイヤ滑って浮いている

2つ後ろを走っていたのでコリャこのままのコースだと巻き込まれるなって 意外に冷静な判断  社会人としての自覚

曲がる前にブレーキしてイン側にコースをずらす

しかし、超人ダイ魔神はバランスを立て直してコーナー通過

しかし、後ろが減速した所で前を走っていた二人に抜け出された

 

あれ?まてよタイム差での総合の場合やばいやつかな?ここでも意外に冷静

フルパワーで前二人を捕まえるべく踏む とりあえず2番手の選手は捕まえたが1位の選手は捕まえられ無かったが3秒程度の差まで縮め最後は流して6位でゴール

多分総合優勝は取ったかな?なんて思っていたら、第二戦で1位だった方が2位になっているーーーーー 完全に忘れてた アホすぎる自分orz

 

とりあえずS藤さんの50代総合優勝は決まっていたので最後までいるつもりだったが、途中車連のかたに総合リザルトいつ位に張り出されますか?と聞いても さあー?もっとしっかり運営してよ

 

結局張り出されることは無く総合優勝の表彰式へ

S藤さんが呼ばれみんなでお祝い!!

上級の総合優勝は・・・・・・・・・・yama

yatta  呼ばれてよかった (実は呼ばれなかったら恥ずかしいからジャージはきれませんでした)


f:id:yama_diet:20190218173823j:image

 

その後の他のカテゴリーの表彰式では、今回はシリーズ戦登録した方が表彰対象だったみたいで、スポット登録で3戦全戦出場して多分優勝した選手表彰途中で異議申し立てを  分からなくもない…

→要望②事前にしっかり表彰対象者のことは募集要項に記載した方が良いと※書いていたらすみません。又、ぶっつけ表彰ではなく総合順位は事前に掲示して異議申し立ては事前に受ける様にした方が良いかな?

表彰されなかった選手も表彰された選手も後味が悪いかと。

 

まあ無事?総合優勝できて幸先の良いスタートをきれました。

 

レースに参加されました皆様お疲れ様でした。